賃貸物件アパート貸家)、売買物件中古住宅売り地)お探しなら、有限会社サンアイ地所 updated 2018-12-03
名称未設定-1.png

任意売却とは

任意売却

住宅ローン・借入金などの支払いが困難になったとき、債務者(所有者)と債権者の間に仲介者が入り、不動産が競売にかかるまえに所有者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させること。


何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、銀行等金融機関は、抵当権に従って、所有者の不動産を競売にかけ、現金にしようとします。

競売だと、いくらで落札されるかは開札日までわかりませんが、市場価格よりも大幅に低い価格になることもあります。
そこで仲介者(具体的には不動産会社など)が所有者と債権者の間に入り、なるべく両者に満足のいくような価格でこれを売却するのが、任意売却です。



競売よりも任意売却

任意売却のほうが市場価格に近い価格で販売することが可能です

任意売却は、競売より高い価格で売却できる可能性が非常に高く、債権者へより多く返済することが可能となります。競売にかかってしまう前に、任意売却で市場価格に近い価格での売却を試みませんか?

 「任意売却よりも競売のほうが高く売れる」というのを聞くことがあるかもしれません。しかし、それは大都市圏等の限られたごく一部のエリアの場合です!



相談はもちろん無料!

住宅ローンに少しでも不安を抱き始めたら、
「担保不動産競売開始決定」が届いてしまったら、すぐにご相談を

対応エリア(対応エリア順次拡大予定)

  

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-28-8430